屋根塗装について

??屋根塗装って必要なの

屋根の塗装をするっていっても、何を、どうするの?って思いますよね?

ここではよくあるご質問をご紹介します。

愛する我が家の屋根を見上げてみれば、知らない間に色が薄くなっていませんか?

外壁を塗り替えるのなら、同時にするのが絶対にお得です。

もちろん屋根だけの塗り替えも大丈夫です。

「そろそろ塗り替え時かな、、」と思われている方。

ここではよくある質問やちょっとした知識をご紹介いたしますので、お時間ありましたらどうぞご覧ください。

姫路市近郊で【外壁塗装・塗替え・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水】は二幸防水塗装工業㈱まで。ご相談・お見積りは無料でお伺いしております!

詳しくはこちらをクリック

どんな屋根に塗装できるの?

ここでは当社のお客さまの事例をご紹介いたします。

粘土瓦・焼き瓦

日本家屋といえば「瓦」。

種類も形も多くあります。

瓦に塗装するには限られた塗料のみ可能です。

コンクリート瓦
(モニエル瓦)

洋風の装いがお洒落なモニエル瓦。

苔が生えたり色褪せたりしたら台無しですね。

塗装すれば見違えりますよ!

厚形スレート瓦

プレスセメント瓦とも言われます。

セメントと砂で出来ています。

新品時の塗装が悪くなると、一気にもろくなります。

 

化粧スレート
(コロニアル・フルベスト)

たくさんの屋根に施工されていますね。

呼び名は色々あって「スレート」「コロニアル」「カラーベスト」どれも正解です。

塗装をすれば、寿命が長くなる上、見違えるように奇麗になります。

波型スレート

こちらは、よく工場の屋根で見かけますね。

新設時の塗装の際は必ず両面の塗装が必要です!

金属屋根

ガルバリウム、折板、瓦棒等々たくさんの種類があります。

塗装するなら遮熱塗装が効果的です。

塗装出来ない種類もあるので要注意です。

屋根塗装で注意する点は?

  • 屋根材の種類によって施工方法が違う
  • 屋根材の種類によって施工できる材料が違う
  • 屋根材の種類によって施工金額が違う
  • それらを知らずに施工すると、後々、雨漏れになるケースがある
  • それらを知らずに施工すると、後々、塗膜剥離を起こすケースがある

かなり簡潔に箇条書きしましたが、屋根材の種類は本当にたくさんあり、塗料の種類もたくさんありますので、

しっかり材質をみてから施工しないとたいへんな事になります。

そろそろ塗り替えかな?メンテナンス時期かな?雨漏れがしてきた!という方は、まずはご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら 

0800-806-2525

営業時間:9:00〜18:00
休  業   日:日曜・祝日

℡ 代表電話 (079)292-0946